ネパール旅日記⑧-5日目「いざ紅茶工場へ」

写真 2016-05-11 9 01 04
カンニャムティー農園にGO!

最初に訪れたのはカンニャム紅茶農園。広ーい敷地に大きな工場。

ネパールの工場のほとんどはオーソドックス製法です。

入ったとたん、紅茶のい〜香りに包まれて幸せな気分に♡

テンション↗︎✨

茶葉はまず2階に運ばれます。そして巨大なレーンでここで摘み取った茶葉を乾燥させます。約100kgくらいは一気に乾燥できるそうです。

夕方から約16時間ほど下から温かい空気を流し、水分を50%〜70%とばします。

item-2

次は圧力をかけながら揉む機械。

ジャパンの技術も使ってるよー、とマネージャーさん。ちょいちょい日本製の文字も見られました。

 

item-3

攻殻機動隊に出てくるかわいいロボットみたい。

頭上の四角い穴に注目!

上の階で乾燥した茶葉がざざーっと落ちてくるんだそうですよ。(残念ながらこの時は稼働していませんでした)

なんかやたら熱心そうな感じのわたし…。何聞いてんだろ?

item-4

こちらが発酵の機械。

100〜120度の温度で1時間程度発酵させます。

茶葉の状態によって温度も時間もさまざま。長年の経験で日々美味しい茶葉をつくっています。

item-5

うしろに見える階段のようなもの、これで茶葉の大きさを選別しています。

item-6

大きなふるいのようなものですね。

紅茶の等級は、単純に茶葉の大きさできまります。

ですから、等級が高いと美味しいかというとそれはまた別の話し、なんだそうですよ。

item-9

選別されたお茶!

item-7

ちなみにここはボイラー。発酵させる時に温度を一気に上げるため、石炭かガスを使うそうです。とにかく物資不足のネパール。

こちらはお茶の等級を選別する職人、ジ・マン・ライさん。

機会で大体仕分けた後は、手作業で仕上げをします。

写真 2016-05-11 9 22 04

こんなにこやかなひとたちが日々紅茶をつくっているんですよ♪

好きになっちゃいますよね♪

item-8

最後はテイスティングルームで。

item-10

日本のおみやげは扇子✨

あっぱれって喜んでくれました〜!

item-11

ジープで急な坂道を登ってかえります。

上から見ると工事はこんな感じ。広いですねー。

 

 

 

 

 

 

おすすめ記事

  1. [新サービス]ハーブ定期便始まります!
  2. irocha-image “飲む”アートセラピー[色茶]で、心に効く癒しのティータイムを♩…
  3. IMG_0736 《旅の茶みやげ》Vol.2はーじまーるよ!

関連記事

  1. DSC_0706 ネパール旅日記⑥-4日目「いよいよイラムへ!」
  2. 写真 2016-05-11 10 12 38 ネパール旅日記⑨ー5日目「手摘みを見学できたど〜!」
  3. 写真-2016-05-07-12-23-58 ネパール旅日記②-2日目「カトマンズ到着」
  4. 写真 2017-08-17 18 59 30 《レシピ》きみどり茶とスパイスでつくる本格ネパールカレー!
  5. DSC_0054 ネパール旅行日記①-1日目「出発!」
  6. 写真-2016-05-08-12-30-20 ネパール旅日記⑤-3日目「世界遺産見てきた!」
  7. DSC_0068-2 ネパール旅日記④-2日目「スーパー巡り」
  8. タクシー車内 ネパールからナマステ ~イロハますたぁ旅行日記~ ①
PAGE TOP