しろ茶を飲みたいとき

41fafa988489fa42188ed7ceb938d9a1_m

 

いまこの瞬間に気になる色は何ですか?

その色は、心の声をキャッチしているのかも。

それとも、カラダの声なのかも。

ほんの10分でもかまいません。

目覚めの一杯、夜寝る前、ほっと一息休憩、、、お好きな時に自分のためだけのティータイムをとってみてください。

肩をなで下ろし、深い呼吸を取り戻す。

自分自身の本心からの声を聞く大切な時間になるでしょう。

White

テーマ:リセット

一面に降り積もった雪を見ると、まるで生まれ変わったようなピュアな気持ちになります。完全、完璧、からっぽ、リセットする、という意味をもつ色で、生と死、無限の可能性などの両極端な意味をもちます。

【ブレンド】ミルクシスル、ホワイトセージ、枇杷の葉

【主な効能】肝細胞の修復、活性酸素を無毒化、のどの傷みや口内炎の緩和、デトックス

 

こんな時にオススメ!
  1. ココロもカラダも疲れたと感じたとき
  2. 肝臓をケアしたい
  3. 冬期間など、デトックスを必要とするとき
  4. のどに傷みを感じるとき
  5. 口内炎がなかなか治らないとき

 

しろにココロ魅かれるとき

しろは全ての色を包括する色で、なにもかもを包み込むようにリセットしてくれる色です。

「流されなかった涙」を表すともいわれ、強い苦しみや悲しい感情には、白い光が優しく届きます。

マイナス要素を浄化してくれる色で、治癒に良い色とされているため医療現場で多く使われています。

心身ともにくたびれて身動きがとれなくなった時は、一度リセットをかけてスタート地点からもう一度やり直す、という選択もアリですね。

いちどからっぽな気持ちになりたい、きっぱりとした空気につつまれたい、そんな時にしろにココロが魅かれます。

 

いったんゼロに戻る

手を抜いて、サボって、ズルして、ひとのせいにして、何もしない。

身体にとって休みが必要と分かっていても、それができなくて、気がついたら疲労こんぱい、病気の一歩手前になってしまう人、お店にもたくさんいらっしゃいます。

私もそうでした。

休むって、技術がいりますよね。

ズルする技術、何もしない技術。

それがいかに大事か、病気になる前に気づいて、引き返しましょう♪

セージは「救う」が語源になっているハーブ、救う気満々です。

ココロもカラダも疲れてぐったり…なんてときには得にオススメのハーブです。

ヨガなどで血流を促し、カラダづくりをした後のドリンクとしてもオススメです。

 

悲しみに対峙する

白は流されなかった涙の象徴と言われています。
深すぎる悲しみ、無意識のうちに傷ついていたこと、真っ白な雪を見ていると、そんなこじれた感情がふわ〜っと浮き上がっては消えていくような気持ちになります。

白は全ての色が跳ね返ってきた状態の色です。だから、汚れのない、純真さをイメージさせるんですね。

人のこころも、いつだってリセットできますよ。
自分に不都合なことは、「なかったことに」しちゃいましょ♪

しろ茶には、デトックス作用の高いハーブをブレンド。利尿作用とともに、いらないものは身体の外に、ポイッ( ´ ▽ ` )ノ

 

しろの人はこんなオーラ

例えばマザーテレサ、マイケルジャクソン、ジョンレノン。平和の思想を掲げ貫いた人たちです。きっぱりとした決断力があり、心を打つような誠実さと強さを持ちます。しかし完璧主義なので、紙一重のもろさも併せ持つ、繊細な人。

 

chakura

第7のチャクラ  →しろ・むらさき

サハスラーラ(場所/百会(頭頂))

脳、霊性、直観、宇宙意識

〈しろ・むらさき〉第7チャクラは頭頂部。このチャクラを流れるのは、天からのエネルギー。バランスが乱れると実力を出し切っていない、決断できない、自分の居場所がないと感じてしまいます。

 

しろ茶に含まれるお茶のご紹介

スパイシーでシャキっとした味。滋養、強壮で知られるセージをベースにしたブレンドです。ミルクシスルは、ストレスやアルコールなどで肝臓が疲れている方に飲んで欲しいハーブ。枇杷の葉は薬効の宝庫と言われ、ガンの予防や美容と健康を目指す方に、民間療法で人気を集めていました。セージは五感を活性化させると言われ、ラテン語で「救う」を意味する、「salvare」が名前の由来と言われています。

 

◎ミルクシスル
フラボノイドに含まれるシリマリンは肝細胞の細胞膜を保護し、毒物を避ける働きをします。有害な活性酸素を無毒化するだけでなく、既に損傷をうけた肝細胞の修復を促す作用もあるとされています。慢性肝炎、アルコール性肝炎、脂肪肝、肝硬変などへの効果も。

◎セージ
ラテン語で「救う」という意味を持つ「salvare(サルワーレ)が語源。収れん作用があるので、風邪や扁桃腺炎、気管支炎などの呼吸器系のトラブルの初期に。喉の痛みや口内炎の症状を緩和にも役立ちます。女性の更年期障害による寝汗やほてりをしずめるのにも役立ちます。

◎枇杷の葉
昔から夏バテや食あたりの予防として、愛飲されており、疲労回復、利尿作用、糖尿病予防、アレルギーの改善など、さまざまな症状に効果を表わすと言われています。 特に種子と葉に含まれるアミグダリンは、ガン予防の効果も期待できるとして話題にも。

 

14184382_1128333390581536_784966764895903024_n

fb_image_tea

↓↓↓↓ヤフーショップでのお買い物はこちら↓↓↓↓
http://store.shopping.yahoo.co.jp/iroha-chaten/

おすすめ記事

  1. [新サービス]ハーブ定期便始まります!
  2. IMG_0736 《旅の茶みやげ》Vol.2はーじまーるよ!
  3. irocha-image “飲む”アートセラピー[色茶]で、心に効く癒しのティータイムを♩…

関連記事

  1. IMG_9759 rakuikuのママカフェに参加してきました~。
  2. image 色で見る☆白雪姫
  3. aka あか茶を飲みたいとき
  4. 6813464f3c237de96ca4d35fd30b34c2_s 色がなぜココロを育てるのか
  5. 13933382_1800067220227288_1558903470_n すべての色には全く逆の2つの作用があります
  6. image 色で見る☆アイドルグループ
  7. image 色を使うヤツ最強論について
  8. characters_frodo_800 色で見る☆フロド•バギンズ
PAGE TOP